クレンジングシートは肌に悪い!シンプルスキンケアへの断捨離

「シンプルスキンケア」のやり方はいろいろあります。

クレンジングが必要ない化粧を、いきなり始めるのは難しい人もいると思います。

少しずつ、減らしていけばokです。

わたしが最初に減らしたのが「ふきとりシート(クレンジングシート)」。
オイルやクリームなどのクレンジング剤や水を使わず、簡単にメイクが落とせます。

仕事や育児、家事で疲れてるときに
女性の強い味方になってくれますが
肌への優しさという観点から見ると最悪。

しかし、界面活性剤を大量に含んでるの肌の負担が強すぎます。

  • 吹き出物ができやすい
  • 肌が乾燥しやすい
  • 赤みが出やすい


こういう人は、シートタイプは即やめるべきです。

シート式のクレンジングは時短できるが、肌に悪い!

「シートでふきとるだけ」と聞くと、シンプル、スマートな印象を持ちます。

ただ、よくよく考えると、洗浄剤を肌にこすりつけてるわけで、とても肌に良いとは思えませんよね。
商品の説明文にも「こすりすぎないように」と注意書きされてますからね。

CMやパッケージで、イメージが良くなってるだけなので注意しましょう。

「シンプルスキンケア=時短」だけで考えるのはNG

シンプルスキンケアとは、肌に手を加える工程を減らすことです。

ただし、肌をきれいにする、素肌に自信を持つ、というゴールにつながるのが大前提。

ふき取りシートは時短にはなりますが、肌には良くありません。

石鹸で落ちるメイクが理想だけど

石鹸で落ちるメイクに切り替えるのが理想ですが、難しい人はシートを使わずクレンジング剤で落としましょう。

習慣を変えるには、最初はものすごくエネルギーを使います。
特に最初の14日間は、マイナスの感情との戦い。

 

  • クレンジング剤で落とすのは面倒くさい
  • 時間がない
  • 疲れててる

いろいろな誘惑に負けそうになります。

でも、シート生活に戻っても美肌にはなりません。
最初の2週間は、強く意識して行動したほうが良いです。

完璧にやろうとすると、ストレスになる

残業で疲れてクタクタで、メイク落としに時間をかけたくないという日もあるかもしれません。

メイク料を肌にのせたまま寝るのは良くないので、シートを使って落とすのも仕方ありません。

1回ダメだったから、諦めるのはNG!

そんな日もあるさ~と、翌日から気持ちを切り替えて前に進みましょう。

POINT
自分に厳しすぎると習慣にできない。