シンプルスキンケアとクレンジング。どうしても必要な人の選び方

石けんオフメイク(=クレンジングがいらない化粧)が、シンプルスキンケアの理想です。

とはいえ、急にメイクを切り替えるのは勇気がいると思います。

このページでは「シンプルスキンケアに興味があるけどクレンジングは必要!」
という女性に、選び方を教えます。

クレンジングオイルがおすすめ!

ネットや雑誌でクレンジングについて調べると、「クレンジングオイル」は良くないという意見が多いです。

理由は、他のクレンジングよりも界面活性剤が多く含まれてるから。
言ってることは正しいのですが、その部分だけが独り歩きして悪者扱いされてます。

ミルクやローション、クリームタイプのデメリットも含めて、総合的に判断しないといけません。

ローションやミルクは、低刺激だが洗浄力も弱い

ローションやミルクタイプのクレンジングは、肌にやさしいと言われてます。

たしかにクレンジングオイルよりは含まれる界面活性剤が少ないので、低刺激です。

しかし、洗浄能力が弱すぎてメイク落ちが悪いです。

  • メイクと馴染む(乳化)のに時間がかかる
  • 肌を指でこすってしまう

洗浄成分がオイルよりも低刺激なだけで、肌への負担が増大するケースも多い。

選ぶのが難しいクレンジングクリーム

クレンジングクリームは、オイルとミルクの中間に位置します。

なので、使いやすい商品もなかにはあります。

ただ、「メイクの濃さ×肌質」にあえばの話なので、一個一個試してみないと分かりません。

自分にあったクレンジングを探すのは面倒という意味で、おすすめしません。

どうしてもミルクやローション、クリームを使いたいなら

クレンジングを多めにとって洗顔しましょう。

たっぷり手にとって、くるくる顔全体に広げる。

少ない量を薄く伸ばして使うと、手の摩擦が肌に伝わりやすくなります。

メイク落としの基本は「こすらず、浮かせて落とす」なので注意してください。

「こすらない」と同じくらい「すすぎ」も大事です。

POINT
ジャブジャブこすらないこと

「優しく洗顔してる」と思ってる人ほど、ジャブジャブすすいでます。

極端にいうと、手に水をためて、顔を近づける
が正しいすすぎです。

注意
お湯の適温は32~33度

・水温が熱いと肌の温度以上になるので、良くありません。(肌のセラミドが溶け出して乾燥します)

・低いと洗浄能力が落ちます。(クレンジング剤が肌に残ります)

適温を意識してください。

・関連記事

クレンジングシートは肌に悪い!シンプルスキンケアへの断捨離

シンプルスキンケアとクレンジングオイル

クレンジングオイルのメリット・デメリット

オイルタイプはメイクと馴染みやすく、クレンジング剤を肌にのせる時間が短くすみます。

こすらなくても乳化するので、摩擦もありません。

ただ、メリットだけではないので注意してください。

界面活性剤の質が悪いと、ミルクやローション、クリームタイプよりも量が多い分だけ、肌への刺激が強くなります。

質にはこだわりたいところ。

他のクレンジングオイルより、肌への刺激が弱く、洗浄能力があるものを紹介します。

・おひさまでつくったクレンジングオイル/エリデンコスメ

油脂系のオイルクレンジングです。日本産の米ぬか油がベースになってます。

 

石けんオフメイクとシンプルスキンケア

今回はシンプルスキンケアに興味があるけれども、石けんオフメイクには切り替えるのは難しい、抵抗があるという女性向けに、クレンジングの話をしました。

  • 摩擦を抑え、クレンジング剤が肌にのってる時間が短い
  • メイク汚れをを残さない

この観点から、質の良いクレンジングオイルをオススメしました。
どうしてもクレンジングが必要、、、という前提です。

できることなら、今すぐじゃなくて良いので、石けんオフメイクも視野に入れてほしいなと思ってます。

なぜなら、自分がその効果を実感してるからです。
こんなに違うものかとビックリ。

肌のしめつけが開放されストレスフリーです。
肌本来の働き(バリア機能、ターンオーバー)が活発化してるな、20代のころより肌が元気になってるなと実感してます。