ノーファンデの効果。20代のころより肌がキレイになった♪

「ノーファンデにして良かった♪」と強く感じるのは夏です。

  • 汗や皮脂で肌はベタベタ
  • 屋内はクーラーで乾燥
  • さらにファンデーションで密閉状態

肌が苦しくて悲鳴をあげてる感じでイヤでした。
ノーファンデ生活をはじめると決意した夏、

「紫外線は大丈夫なの?」
「友達に驚かれないかな」

と不安でした。
でも、その心配は必要なかったとすぐに分かりました。

  • 「えーノーファンデなの?」と友達に驚かれるし、日焼け対策もしっかりできました。
  • 「毛穴落ちは大丈夫かな?」と仕事中に不安になったり、お昼休みの化粧直しのムダな時間がなくなりました。

不快感なく生活できるのはノーファンデならではの効果です。

これから乾燥の激しい冬に近づいていきます。
夏だけでなく秋冬も、ノーファンデの効果はあります!

 

ノーファンデの効果を感じるまでの期間

20代後半から大人ニキビができるようになり悩んでました。

しかも年々、肌の乾燥を強く感じるようになりました。

ハードなメイクと洗浄力の強いクレンジング、仕事のストレスと残業、睡眠不足の体力低下で肌がボロボロだったのです。

これじゃマズイと思って、いろいろ試した結果、ノーファンデ生活が自分にはピッタリだと気づきました。

ノーファンデに切り替えて、

1ヶ月ぐらいたったころから、肌の乾燥が良くなり

3~4ヶ月目あたりで「そういえばニキビができても治りやすくなったな」と感じました。

これはわたしの感想なので、ノーファンデにすれば必ず肌の乾燥やニキビが改善するとは限りません。効果のでかた、期間には個人差があります。

 

面倒くさいクレンジングとお別れできました

仕事で嫌なことがあった、ストレスがたまってる、体がダルい

夕方には皮脂と汗で化粧も崩れ帰りの電車で思うことといえば「早くメイク落としたい」

ヨレヨレ、カサカサ、ドロドロ。。。。

落としたいという気持ちと裏腹に、「面倒くせー」という絶望感。

こんな毎日の繰り返しでしたが、ノーファンデにしてからはメイクオフに対するストレスがなくなりました。

だって「石けん洗顔で終わり」ですからね。

 

どんなに肌にやさしいと言われてる商品でも、クレンジングを使えば肌は刺激を受けます。

できることなら使わないにこしたことはない。

でもメイクする女性にとっては、一部の商品を除き、基本的にクレンジンで落とすしかない。

「仕方ない」という前提で、ダブル洗顔不要とか、石油系界面活性剤不使用とか、オイルクレンジングよりミルクやクリームタイプが良い、などの話しをしてるわけですね。

クレンジングを変えても、基礎化粧品を変えても、肌がきれいにならない。
そんな悩みを抱えてる女性は多いと思います。

じゃあ、常識を疑ってみれば、今まで無理だったこともできちゃうのでは?
そういう感じで「ノーファンデ」に挑戦しました。

顔の洗いすぎや、メイク料の負担を軽くすることで、わたしの肌はみるみる元気になっていきました。

もし、あなたが今、肌の悩みを抱えてるなら、できる範囲でノーファンデ生活を試してみてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です